2008年04月21日

小さい頃の想い出

小さい頃の心に残っている思い出をたぐり寄せようとすると、楽しかったことと辛かったことのどちらになるのだろう。

そして、何故そのことを思い出すのだろう。思い出に残る事実や行為と、そのときに感じた気持ちのどちらの方が影響するのだろう。

思い出というくらいだから気持ちの方が断然大きく心に刻まれるのではないか。そう漠然と思っていました。

しかし、この漠然とした考えは本当だろうか。


私は小学生のときのことを思い出すとき、真っ先に頭に浮かぶのは机に彫刻刀で穴を開けている風景です。

2年生でした。授業風景なんかは、まったくと言っていいほど記憶にありません。というより、先生のいうことを聞いていませんでしたし、関心を持ったことはありません。

そんなわけですから授業中、ずっと彫刻刀で机の上から穴を開け、そして横からも穴を開けていました。いつか貫通させようと、毎日毎日削り続けていました。


行為が記憶に刻み込まれるとき、当時は「こんなだったなー」と、後付で今の気持ちを昔の自分の気持ちとして当てはめていることに気付きます。

つまり、その時の思いが同じテンションで維持されることはなく、今の気持ちに左右される。今の自分の気持ちによって如何様にもなる、思い出とはそういうものなんでしょうね。
posted by Scott at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

タイタニック

「タイタニック」を観た。あんまり有名なんで今さら感があって観ずにいたんですが、観てしまいました。

観る前、ウインスレットとデカプリオは釣り合わないなーって思っていました。なんか子どもとそのお母さんみたいな感じがしていたんですね、体格が。でも、映画を観て納得。

なにが納得かというと、そのウインスレットの体格の良さにである。

氷山に衝突し、氷点下に近い水温に投げ出されて、それでも助かるには皮下脂肪が必要なんである。何百人もの乗客、乗務員が凍え死んでいく中、ウインスレットが助かったことに説得力があった。恐るべし皮下脂肪。
ラベル:映画
posted by Scott at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。